東京都江戸川区 音楽・体育・絵画・言語の幼児教育

東京都江戸川区 篠崎保育園 しのざきほいくえん

篠崎保育園は、幼児教育と保育を合わせ持った一体施設です

教育保育理念

 子どもの自立や主体性を尊重し、子どもたちが安全に安心して生活でき、ひとりひとりの限りない心を育て、のびのびと過ごし、「生きる力」を身につけること。また、心の発達とともに自己表現できる心を育成し、就学前の子どもに対する教育保育並びに保護者に対する子育て支援を総合的に提供する機能をつくる。充分な幼児教育を基本にした、自立支援をすることを総合目標にする。
 仏教の教えである四恩の精神(父母、祖父母、社会のすべての人から受けた恩を大切にすること)を基として、
豊かな環境を与えて、その心身の発展を助長すると共に仏教情操を育成することを目的とし、
地域自動の教育の健全な知能、精神の発達のために、体操指導・音楽リズムの指導・絵画指導・言語の指導に力を注視する。

教育保育目標

全ての表現から感動が芽生え、自立のある創造性豊かな人格形成をはかる
1.子どもらしい自主的行動ができるように努力させると同時に、お互いに助け合う心を養う。
2.音楽に親しみ、みんなと一緒に聴いたり、歌ったり、楽器を弾いたりして、音色の美しさを知り、豊かなリズム感を養う。
3.見たこと、感じたこと、想像したこと、経験したことを絵の具などを用いて、創造的に描いて、素直に表現できる。
4.マット・跳び箱等を用いて体を動かすことの楽しさを味わい、サッカーにおいては他の子どもと協力し合うことが大切である
  という気持ちを養う。

教育保育方針

 幼児にとって良き家庭環境を求め、表現ある心の教育をし、御仏様の子どもとして、その温かい大慈悲に抱かれて心身ともに、清く、正しく、明るく保育し、自立心を持った人格の陶冶に努め、将来の善良な生活と特性ある基礎知識を育むという創立の理想の下、楽しい団体生活を通じ自立心を養い社会人としての基礎的なしつけの芽生えを育て、言語・音楽・体育・絵画制作に力を注ぎ、就学前の保育と教育を施す。

林間保育(年長)の実施

年長(5才児)は、夏期に那須塩原にて2泊3日の林間保育を行います。
当園所有の施設にて、昭和42年より毎年、7月下旬に実施しています。
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10

子どもらしい自主的行動がきるように努力させると同時にお互いに助け合う心を養います 篠崎保育園

音楽教育

鍵盤ハーモニカを中心とするリズム豊かな音感教育を行っています。
音感表現指導による集団教育です。
・専任講師による指導
・運動会には、伝統的な鼓笛隊の大演奏

鼓笛隊

鼓笛隊

成道会での合奏

体育教育

体力向上のための体育教育を行っています。
集団で体育を行うことの大切さ、集団教育のつながりある教育を重視しています。
・当園の体育専任職員(常勤)3名による指導

屋上での体操

プール

運動会/組体操

屋上での体操

プール

運動会/組体操

絵画教育

いきいきとした絵画を描く力が生まれるような絵画教育を行っています。
・専任講師による指導
・全国教育美術展で様々な賞を受賞
全国教育美術展にて文部科学大臣奨励賞受賞(平成18年度)
全国教育美術展で東京都教育委員会賞を過去13回受賞(平成25年度現在)

絵画風景

絵画風景

制作風景

附属教育 一斉保育終了後に、専任職員による指導のもと実施しています。篠崎保育園

附属教育[幼児学習クラブ]

日本語の仕組みを身につける「ことば」の教室です。
「ことば」による認識・思考・伝達・独創性などの基礎知識を育てます。
 ・週5日間、通常保育終了後に保育します。
 ・年中・年長を対象に指導します。
 ・当園の専任教師による指導です。
  • 保護者の声
  • 言葉を一つ一つつなげて、その子どものお話しを作ってゆくことは、子どもたちの宝になりますね。
  • お話し作りができたら、自信がついたようです。すごく成長が早い気がします。
  • 幼児クラブを体験してから小学校へ入学すると、他の子どもと違って、
    本当にしっかりしています。驚きました。
  • 私たちの話が理解できるようになり、会話がしっかりしました。
  • うちは、入会できて良かったです。いつも帰ってから、楽しかったって言っています。

幼児学習クラブ

幼児学習クラブ

附属教育[音楽教室<ピアノ>]

唄うことや、楽譜を書くこと、音あてなどの総合的なリズム教育をいたします。
・最初はグループレッスン、次段階から個人レッスンです。
・年中から指導してます。
・専任教師による指導です。
附属教育[音楽教室<ピアノ>]
ピアノ

附属教育[体操教室]

体育専任教諭による器械体操・サッカー等の体操教室です。
運動を通じて、子どもたちの心を体を育てます。
 ・年中・年長を対象に指導します。
 ・当園の体育専任教師による指導です。
附属教育[体操教室]
体操教室

附属教育[サッカークラブ]

幼児・年少期の発達段階を踏まえ、サッカーを通して、
個人の育成と仲間意識の育成を図ることを目標としています。
・小学生が対象です。
  (年長から小学生に進学する際、体操教室からの継続の有無を確認します)
・体外試合にもいくつか参加します。
附属教育[サッカークラブ]
サッカークラブ